公式ブログ

一粒に100人の神さまがいる(2020/02/02)

香川で通っていた園長先生の言葉です。

きっと、お米ができるまでに沢山の手間と時間がかかるから、残さずきれいにたべましょう。って言うことなんだけど、お茶碗によそったご飯だけじゃなく、我が家で使う糀調味料も一粒残らず食べてくれる子どもたち。

一粒に100人の神さまがいると思って眺めると、ますます愛情が湧いてくる。